アメブロの表示フォントを「游ゴシック体」に変更するカスタマイズ方法

アメブロの表示文字(フォント)を、Windows10やWindows8.1、Mac OS X 10.9(Mavericks)以降、Microsoft Office 2016などで搭載された、游ゴシック体にするカスタマイズ方法です。

新CSS編集用デザイン(新タイプ/第二世代)に対応しているカスタマイズ方法です。
旧CSS編集用デザイン(旧タイプ/第一世代)に対応しているカスタマイズ方法です。

アメブロの表示フォントを游ゴシック体に変更する

「游ゴシック体」は、現行のWindows、Mac両方に搭載されていることから、最近、有名なサイトでも使われることが多くなりました。

もちろん、アメブロでも「游ゴシック体」を使って表示できるようにカスタマイズできます。

ちなみに、個人的には、游ゴシック体での表示は、メイリオなどと比べて優しい雰囲気になると感じます。

CSSにコードを追加してカスタマイズ

カスタマイズはブログデザインCSSの編集で行います。

ブログデザインCSSの最後に以下のコードを追加して、保存して下さい。

これで完了です。

もし、端末に「游ゴシック体」がインストールされていない場合は、代わりに「メイリオ」や「ヒラギノ角ゴシック」で表示されるようになっています。

Windows7やWindows8でも游ゴシック体で表示できます

当カスタマイズを使って、アメブロを「游ゴシック体」で表示するように設定しても、Windows7やWindows8には、このフォントが標準でインストールされていませんので、メイリオで表示されてしまいます(別途Office2016以降をインストールしてあれば別ですが)。

ですが、実は、Microsoftから、これらのOSでも游ゴシック体を使える手段が提供されています。

正確には、

・Windows 7 または 8
・Microsoft Office 2010 または 2013

を使っているという条件がありますが、この条件に当てはまる場合は、マイクロソフトのダウンロードサイトからダウンロードしてインストールできますので、ぜひインストールして游ゴシック体での表示を確認してみて下さい。

まとめ

以上、アメブロを「游ゴシック体」フォントを使って文字が表示されるようにカスタマイズする手順をご紹介しました。

もしよろしければ、試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です