アメブロのPING送信タイミングは?実際のところを調べてみた

アメブロは、PINGの送信先設定というページで、PING送信先サーバーを設定することができます。

ところで「PING」というのは何かご存知でしょうか?

Wikipediaによると

ブログにおいて、(中略)サーバーに更新と変更内容を伝えるためのメカニズムである。

とあります。

つまり、PINGの情報を受け取れるコンピューターに対して「更新しました!!」と通知をすることで、世界に向けて記事を拡散させ、アクセスを増やそうという仕組みです。

このPINGですが、アクセスを増やそうと頑張るばかりに大量に送信したりするとスパムと判定されることがあると言われています。

例えば、実際にはページを更新していないのに更新したかのように送信するのは良くないようです。

ところで、アメブロはどんなタイミングでPING送信をするのでしょう?

ちょっと気になったので、自作のPINGサーバー(PING送信の情報を受け取れるコンピューター)を準備して、軽くテストしてみました。

なお、テストの際の記事更新は、パソコン版のアメブロの記事エディタを使っていますので、もしかすると、スマホアプリやメール投稿の場合は違う可能性があります(たぶん同じだと思いますが)

まず、期待していた動作は、以下のとおりです。

新規記事を投稿して公開した時にPING送信する
記事修正は内容を変更した時のみPING送信する
予約投稿は記事が公開されるタイミングでPING送信する
下書き保存した時はPING送信しない

これが全部満たされていれば、更新通知のツールとしてはよくできていると思います。

で、実際に試してみたらどうだったかと言うと、

新規記事を投稿して公開した時にPING送信する→OK!
記事修正は内容に変更がなくても常にPING送信する
予約投稿は投稿ボタンを押して記事を保存したタイミングでPING送信する
下書き保存しただけでPING送信する

でした。

あれ?

予想とはかなり違いますね。

これだと、例えば、ちょっと書いて下書き保存を繰り返したら、場合によってはスパム(迷惑行為をする)ユーザーと判定されてしまうかもしれませんね。

うーーーーーん

仮に、PING送信機能を使うと仮定して、変更時の記事内容チェックはまあ仕方がないとしても、予約投稿と下書き保存時に関しては、できれば改善してもらいたいですね。

 

気に入って頂けたらフォローお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です