アメブロをGoogleサーチコンソール(Search Console)に登録する方法(後編)

アメブロをGoogleサーチコンソール(Search Console)に登録する方法の続きです。

当記事では、アメブロをGoogleサーチコンソールに登録する手順の後編として、前編の時点ではすぐにはできなかった「所有権確認」から進めていきます。

サーチコンソールの画面でアメブロの所有権確認を行う

Googleサーチコンソール(Search Console)で取得した「所有権確認用のコード」をアメブロに設定してしばらく(経験上では数時間程度、公式発表では最大1日程度)経ったら、サーチコンソールを開いて引き続き登録手続きを行いましょう。

所有権確認画面を開く

まず、ブラウザを起動してサーチコンソールのホーム画面を開きます。

この画面には、サーチコンソールに登録されているサイトがリスト表示されますが、そこに「未確認」マークのついた「https://ameblo.jp/アメーバID/」のURLが登録されていると思いますのでご確認下さい。

サーチコンソールでは、このような登録サイトの一つ一つを「プロパティ」と呼んでいます。

「未確認」マークの付いているアメブロのプロパティの行の右上には「プロパティの管理」というボタンがありますので、それをクリックしましょう。

するとメニューが表示されます。

そして、そのメニューの中に「このプロパティを確認」という項目がありますのでクリックして下さい。

所有権確認を行う

すると、所有権確認の画面に変わります。

念のため、

・https:で始まるアメブロのトップページのURL
・確認方法が「HTMLタグ」

になっていることを確かめた上で「確認」ボタンをクリックしましょう。

ここまでの手順に問題がなければ「所有権が確認されました」というメッセージが表示されると思います。

もしエラーになる場合は、間違っているところがないか確認して下さい。

うまく行った場合は、メッセージの下の「続行」と書かれたリンクをクリックして、実際にサーチコンソールの管理画面を見てみましょう。

ちなみに、通常、登録直後にはデータが無いので、特にこれと言って見るべき項目はありませんが、せっかくですから画面だけでも見ておいて下さい。

管理画面を見たら、左上の「Search Console」のロゴをクリックすると、ホーム画面に戻れます。

ホーム画面にもどると、サイトの所有権確認が終わったため、最初ついていた「未確認」マークがなくなり、URLも黒い文字から青色のリンクに変わっているのが確認できます。

これで、アメブロの正規のURL(https://ameblo.jp/アメーバID/)のサーチコンソールへの登録は完了です。

アメブロの他のURLもサーチコンソールに登録する

さて、先日のアメブロ運営の発表にも記されている通り、現在のアメブロには、一つのページに対して有効なURLが4つあります。

4つのURLで全て同じ内容の記事が表示されるということです(厳密にはガラケー用も含めて5つ?)。

(重複コンテンツを心配される方がいらっしゃるかもしれませんが、それは大丈夫なように設定されています)

ですので、Google検索からのアクセスの流入を漏れなく把握するためには、これら4つのURL全てをサーチコンソールに登録して情報収集する必要があります。

既にここまでで、正規のURLである「https://ameblo.jp/アメーバID/」は登録しましたので、あと3つ、具体的には、以下の3つが残っています。

http://ameblo.jp/アメーバID/
http://gamp.ameblo.jp/アメーバID/
https://gamp.ameblo.jp/アメーバID/

というわけで、これらを全てサーチコンソールに登録していきましょう。

ちなみに、最初の(正規のURLの)登録と比べると簡単にできますので、パパっと済ませてしまいましょう。

プロパティを追加する

では、まず、「http://ameblo.jp/アメーバID/」から登録しています。

サーチコンソールのホーム画面で、「プロパティを追加」というボタンをクリックして下さい。

すると、以下のような、登録するURLを入力できる小窓が開きます。

ここに「http://」で始まるご自身のアメブロのトップページのURL、つまり「http://ameblo.jp/アメーバID/」を入力し、「追加」ボタンをクリックしましょう。

すると、見覚えのある所有権確認画面になります。

ここでは、おすすめの方法は使えませんので「別の方法」をクリック。

別の方法が4種類表示されますので「HTMLタグ」を選択しまし、「確認」ボタンをクリックしてください。

正規のURL(https://ameblo.jp/アメーバID/)を登録したときは、所有権確認用のコードをアメブロに設定し、さらに数時間以上待つ必要がありましたが、2つ目以降はそれらは必要ありません。

入力内容に問題がなければこれで登録完了で、以下のような「確認されました」のメッセージが表示されます。

問題なく登録できたら、残りの2つも同じように登録しましょう。

残っているのは、

「http://gamp.ameblo.jp/アメーバID/」そして、

「https://gamp.ameblo.jp/アメーバID/」です。

以上、全て問題なく登録できると、Googleサーチコンソールのホーム画面に、登録した4つのプロパティが表示されますのでご確認下さい。

ちなみに、これら4つのURLの意味ですが、

https://ameblo.jp/・・・」が正規のアメブロのURLで、今後の新しい記事は、基本的に全てこのURLでGoogleの検索結果に掲載されるはずです。また、今「http://ameblo.jp/・・・」で掲載されている記事も、行く行くは「https://ameblo.jp/・・・」に変わっていきます。

次の「http://ameblo.jp/・・・」は長い間アメブロの正規のURLでしたが、2017年8月22日の常時SSL化導入に伴い、現在は、既にほぼ無効になっています。

また、「http://gamp.ameblo.jp/・・・」というURLは、AMP対応のページで、GoogleでキャッシュされたAMPページが表示された時は、このURLへの流入としてカウントされるようになっているようです。つまり、行く行くはスマホでのGoogleからの流入は、概ねこれを見れば良いようになると考えられます。

そして、最後の「https://gamp.ameblo.jp/・・・」というURLですが、どうやら、今のところは、GoogleからこのURLへのアクセスは無いようです(アクセス数ゼロ)。恐らく、アメブロの常時SSL化が進んでいくどこかの段階で「http://gamp.ameblo.jp/・・・」から切り替えられるのではないかと予想しています。

4つのプロパティをまとめた「セット」を作成する

以上のように、ここまでで、アメブロの4つのURLを全てGoogleサーチコンソールに登録し、Google検索からアメブロへの流入がわかるようになりましたが、さらに、これら4つのURL全体をまとめて見ることも可能です。

Googleサーチコンソールに登録した複数のプロパティ(URL)を一つにまとめて見るには、「セット」というものを作成します。

「セットを作成」ボタンをクリック

まず、Googleサーチコンソールのホーム画面の右上の方にある「セットを作成」というボタンをクリックしましょう。

セット名を入力

すると、セットの編集というページに変わりますので、まず「セット名」を入力しましょう。

セット名は自由に設定できますが、ご自身が見た時に、アメブロの4つのプロパティをまとめたセットであることがわかるような名前にしておくと良いでしょう。

ちなみに僕は、当ブログのセット名には、当ブログの正規のURLである「https://ameblo.jp/wazameba/」を設定しました。

セットに含めるプロパティを選択

セット名を入力できたら、次は、セットに含めるプロパティ(URL)を選択します。

「追加するメンバーの選択」という選択ボックスから、同じアメブロの4つのURLを一つ一つクリックで追加していって下さい。

保存

4つのプロパティ(URL)を全て選択できたら、以下の画像のように全てのURLがリスト表示されます。

あとは、「変更を保存」というボタンをクリックして、編集内容を保存しましょう。

問題なく保存できたら、以下の画像のように「変更を保存しました」というメッセージが表示されます。

そして、セット作成途中までは「名前未指定のセット」となっていた箇所に、設定したセット名が表示されますので確認して下さい。

ホーム画面で確認

以上の手順でセットを作成できたら一旦ホーム画面に戻りましょう(左上の「Search Console」ロゴをクリックすると戻れます)。

ホーム画面には、上の画像のように新しいセットが作成されていると思います。

セットは、通常のプロパティとはサムネイル画像(アイコン)が違いますので、ひと目でわかりますね。

せっかくですので、セットのアイコンをクリックして、どのような情報を見ることができるのかを確認してみましょう。

なお、作成してすぐの場合はデータが全く無いかもしれませんが、以後蓄積されて見れるようになっていきますので安心して下さい。

まとめ

以上、前回記事と当記事、二回にわたってアメブロをGoogleサーチコンソールに登録する手順をご紹介しました。

かなり手順が長いですが、一度設定しておけば、あとは情報が欲しい時や新しい記事をGoogleに通知する時など、様々なシーンで活用できますので、ぜひ登録されることをお勧めします。

 

気に入って頂けたらフォローお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です