アメブロの記事にTwitterのツイートを貼り付ける方法(アカウント連携設定あり・なし)

アメブロの記事にTwitterのつぶやき(ツイート)を貼り付けるのは、「最新版エディタ」や「新タグ編集エディタ」では、標準でサポートされていて簡単です。

ただし、この標準機能は、Twitterとアメブロのアカウント連携の設定をしないと使えないので「アカウント連携はしたくない」という人には向きませんね。

また、旧タグ編集エディタでは、標準の貼り付け機能そのものが使えません。

ですが、「アカウント連携なし」でも、旧タグ編集エディタでも、Twitterの貼り付けはあまり難しくはありません。

というわけで、「アカウント連携あり」と「アカウント連携なし(および、旧タグ編集エディタ)」の場合について、それぞれやり方をご紹介したいと思います。

なお、今回ご紹介するのは、パソコンでの操作になります。

「アカウント連携あり」の場合

まず、「最新版エディタ」や「新タグ編集エディタ」を使った「アカウント連携あり」の場合のTwitterの貼り付け方です。

これらの記事エディタでは、記事作成領域の右側にあるツールボックス(?)のツイッターアイコンのタブをクリックすると、Twitterのタイムラインが表示されます。

タイムラインが表示されれば、あとは、貼り付けたいツイートをワンクリックするだけですので、非常に簡単ですね。

もし、タイムラインが表示されない場合は、アメブロとTwitterのアカウント連携ができていませんので、この設定を(一度だけ)しておく必要があります。

アカウント連携の設定がまだの場合は、設定するよう促されますので、画面の指示を読みながらやってみて下さい。

なお、アカウント連携をしたくないという場合は、この方法は使えませんが、次の方法で貼り付けすることができます。

「アカウント連携なし」の場合(および、旧タグ編集エディタの場合)

Twitterとアメブロのアカウント連携の設定をしたくない場合や、旧タグ編集エディタを使っている場合は、もう少し手順を踏む必要があります(説明の画像は旧タグ編集エディタです)

Twitterで埋め込みタグをコピー

まずは、Twitterで紹介したいツイートの埋め込みタグを取得しましょう。

ツイートの右上にある「v」のような矢印アイコンをクリックするとメニューが表示され、その中の「ツイートをサイトに埋め込む」という項目をクリックして下さい。

すると、貼り付け用のタグ(埋め込みタグ)が表示されます。

ひとまず、このタグ全体をクリップボードにコピー(右クリックメニューからコピー)しましょう。

タグを記事に貼り付けて不要箇所を削除

次に、記事エディタで、先ほどコピーしたタグを記事に貼り付けましょう。

「タグ編集エディタ(新、旧とも)」の場合はそのまま貼り付ければ大丈夫ですが、「最新版エディタ」を使う場合もには、必ず「HTML表示」のモードでタグの貼り付けを行うようにして下さい。

貼り付けたら、少しタグを加工しましょう。

貼り付けたタグをよく見て「<blockquote ~ /blockquote>」までを残し、貼り付けたタグの最後方の「<script ~ /script>」の部分を削除して下さい。

タグの加工はこれだけで、以上で、Twitterの貼り付けは完了です。

プレビューなどで確認してみましょう。

まとめ

以上、Twitterの投稿(ツイート)をアメブロの記事に貼り付ける方法をご紹介しました。

今は、ブログとSNSで、お互いに足りないところを補い合いながら使っていくことも重要になりましたので、その一例として、参考になりましたら幸いです。

 

気に入って頂けたらフォローお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です